AJ diary #1#2

report from B-r-b-r- / bvAJ in bkk!
11/03/10
そうそう、今日はjapaneseのarrivalが一人もなくて。昨日いらっしゃった広大の先生たちと少し会話したくらい。お部屋が掃除されてなくてびっくりしたんですよー電話してきてもらいましたけど、、と明るくおっしゃるO女史。インターネットは別料金と思っていて使ったことがなかったけど今回タダだっていうからえーなんでーと何回も確認したけどやっぱりフリーだっていうもんだからさっき使ってみましたよ、とか。情報はちゃんとお伝えしなければと肝にメイズ。常連さんだから大丈夫だと思うのは禁物だわ。。セールスのにニゴーシエイトレートによるらしいから。
ひとつ。'high occupancy'がとっさにでてこず、fully-bookingといってしまう。いまいちだなー。
本日、94%越え。昨日のてんやわんやからは一難去った感じの今日だったけど、午前中なんか動きがぜんぜんなかったフロント前。夕方ドイツから団体30人がきたり、18時スタートの立食会合パーティが2件あったりでF&B関連の人たちがめっちゃ忙しそうだった模様。F&B=Food&Bevaledge..
K.Boにアルファベットを習う。私のノートに丁寧に44文字書いてくれ(44文字もあるとは驚いた)それぞれの字に「鶏」「王冠」「ベンチ」などと意味があるといってそれも説明してくれ(44個分を、よ)、さらに私のペンをもつ手をとって書き順を誘導してくれ。22歳の、エアラインや銀行の秘書もしていたことがあるというかわいい女の子なんだけど、こっちがどきどきしてしまったちゃ。笑 覚えられないから今日は3文字にしとく、といったので3文字分のどきどきでした。しかし、44文字はきびシイ。。。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-11 01:18
10/03/10
みればみるほどTっちゃんにみえてくる彼。
エレベーターマン、というのかな。こんどポジションをきいてみなくちゃ。
今週になって急に思った。似てる!顔、雰囲気、ふるまい、背丈、ぜんぶ。今日、名前をきいてみた。チャーン。Kunチャンでいいの?ときくとうんうんと笑ってうなづく。
大分若いから、ちょうどあのときの、青春ただなかの姿をおもいださせるねぇ。月曜日だったか、脚を肩幅にひらいていつもエレベーターまえにじっと立ってゲストの応対をしている彼に、ずっとそうしてて脚疲れるでしょう?何時間たちっぱなしなの?などと聞いてみて以来やたら私の顔をみつけてはにこにこして会釈してくれる。
12時間つったっているんですよ、あそこに。私なんかFO人はうろうろできるし適当に歩けるからまだいいよ。
かれが通り過ぎるとくすっと心でわらっているAJです。バンコクで、思い出すかな、青春時代。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-10 23:16
08/03/10

Bumんぐらーどホスピタルへ。
顔にでてしまったものが朝おきてもひかず。会う人会う人にどうしたのーと心配され、あきらめてびょういんへ。
1kmもないところに偶然そのようなinternationalhospitalがあるとは。昼に行こうとしたら、今いっておいでとHRMが言ってくれて勤務時間帯にまったくありがたいお話。日本じゃ考えられないね。付き添うといってくれた人も2人もいて。みんなハードワークにロングアワーでそんな暇なんてないはずなのに。気持ちだけでも十分ありがたい。
きりっとしたすてきな女医さんと、女の子みたいな男の子の通訳に大変お世話になり。結局steroid処方からは逃れられないのかーとがっかりもしたけど、さすがに注射は断って(怖いー)、塗りと飲みをしぶしぶ。ローションも出す、といって、あとで調べたらどうやらこれにはステロははいってないらしい。これが高いんだ。先生の診察料が1000、このローションが900いくらで診察料と同じ?!なのです。お湯/石鹸/日本からもってきたローションやクリーム全てを使うなというだけに、このローションさまさま。考えてみたら、敏感肌用のローションに3000円て別に普通だよね。医薬系と思えば安いほうかと。保険なしでもちろん高かったけど、日本に比べれば安いなという実感。通訳量も診断書も無料だし。
職場に戻るとK.R、あら、さっきよりbetterじゃないの!と言う。病院にいったといっても何も処方してないからそんなはずないわよ、と返すと、お金払ってきたからじゃないのー!と笑われる。顔を売らなくちゃいけない立場だから今回だけはアクセプトしたけど、消えるわけじゃないのだから忘れずにテイクケアしてかなくちゃ。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-08 20:59
07/03/10
日曜日。General Poat Officeへ。タクシーを捕まえるのに一苦労。やたら迂回されてワットをいくつも見るはめになったぼったくりコース?いや、意外とぼったくるつもりはなくて、知った道しか、びゅんと飛ばせる道しか走りたくない、そのほうが速い、と考えているケースも大いにありうるのが計り知れないこっちの人の親切さなのかもしれなくて。乗ったときの感じはとってもよかったんだけどな。え?ワット?でかいやつ!これって河のぜんぜん向こうなはず。。とあわてて地図を見るも。もうどこにいるかわからない、みたいな。77bhtのところ、メーターをとめないものだから、79になり、100を出すと20しかおつりがこず。ま、いいけど。50くらいでいくかなーと思ったら80かかって、その差、60円。60円でねちねち思っている私もまずしいね。
郵便局。EMSは日本より高かった。250gまで450bht。日本だと900円が最低料金。時々そういうへんなところは日本より高かったりする。13時でしまるというのでのんびり帰り道を地図でチェックしてたら、まだ10分まえなのに扉が閉まっている。犬がでーんと寝ていたところ。裏口から出ろという。信じられない。裏から出ると今度は出口がわからない。右往左往してやっと表通りに出た。まったく、一苦労。一番暑い時間帯に。外出は午前に限るわほんと。2度とこの失敗はくりかえしたくない。
地下鉄まで歩けることが判明。行きもそうすればよかった。時間が足りなかったから仕方ないけど。20分炎天下のなかを歩いて疲れた。中華街のはしっこみたいな下町ふうをみれてよかった。超ローカルエリア。
ウィークエンドマーケットに気が向いて、行ってはみたものの、こちらも屋外、テント村になっているとはいえ、暑い。代々木公園のなんとかフェスがよぎる。10分くらいで退散。ごった返しすぎていてほしいものなんてみつかりっこない感じのところ。ここもじっくりみたければ午前中早起きできたときにぷらっとこよう。
そのあと、地下鉄のはじからはじまで乗って、TESCOLOTUSへ。これが今日いちばん気になってたところ。フードコートわきにでていたスイーツショップでアジアンスイーツを堪能。9bhtでサツマイモのジンジャー煮とタロイモと緑豆のしるこをお皿にいれてもらってココナツミルクを少々。なによりの幸せ。めっちゃ美味しい。テスコではフルーツとタピオカデザートのテイク。4時半でもう疲れちゃって眠くて退散。
パスタンでサーモンステイクを頼んだけど、いまいちだった。すすめられてアイス2スクープの盛り合わせ。余計だったわ。。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-07 21:06
06/03/10
出かけた目的は東急。重曹なんておいてないかな~なんて。スーパー部門が最上階の4階にあるっていうのがこっち使用だなーと思う。そうだ、どこかでも。。カルカッタ、と消えてた記憶がよみがえった。東急は期待にそわず。ひゃっきんものが3倍の値段がついててかなしい。
東急のレジを出るとそこはMBKというショッピングモールだった。ありえない。巨大すぎる。ものがありすぎる。ショッキング体験だった。これは~日本にもほんこんにもないね。
外にでて、車の渋滞のライト風景にみとれる。バンコっクにきちゃったんだなーワタシ、と独り言。
宙を泳ぐ眼がLOFTを発見。やったー。新聞の記事に、3号店をオープンするとのっていてどこにあるのかきになっていたところ。LOFT。店の前でもう、感涙の域。なんで、日本てこうなんだろう、なんて、きれいで整っていて、美しくて、洗練されているんだ!日本はやっぱりすごいわ、、、とひとりうなづきが止まらない。店を一瞥するだけで、あ、にほん、て思えるその空気はほんとうに私たち日本人にしかないものだと思った。中へすすむとさらに「あー日本てすごい」の思いがとまらない。無印をロンドンでみたときもそうだったけど、なんか、空間がもうこぎれいなのよね。デザインも、ほしい、と思えるものがずらずら。バンコクで100個ものをみても、これ欲しい!と思えるものが1つあるかどうか。でざいん的に。色合いにしても。
小さい、薄い、コンパクト、シンプル、色、デザイン、そのへんなんだろうか。
さみしくなったらLOFTに来るわ(笑)
名刺入れと(極うすの)上海メイドのノートブックを購入。韓国ものや上海ものをとりいれているところがLOFTBKKならではで楽しい。
足をのばしてMANGOTNAGOへ。5年?の憧れがついにかなえられた。かおにゃおまむあん、をオーダー。どでかいのがでてきて口があいた、これでハンドレッドバーツかぁ。。マンゴーの切り方、かおにゃおまむあんでもこれでいいんだね。かおにゃおまむあんには邪道かと思いながらもしてしまっていたきり方で、でてきたから。
そして帰ってpastanでフジッリとサラダをいただいて、帰宿。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-06 21:12
05/03/10
ルタン・・・ランチのデザート、仙草ゼリーととうもろこしのほぐしみと白い半透明の物体、これがルタン/りゅたーん(この中間の音で発音はかわいらしく)。Kh.Kに早速たずねるとおとといのデザートのハーローにしつこかったのと同じパターンなので笑われる。タイ語でググってくれて、でてきたのは・・・・・・椰子の木そっくりの背の高い木の実だった。硬い外皮をとると、もう一枚皮に包まれているその姿はドリアンのような見た目。それをむくとミカンのようにふさになって指先くらいの大きさのルタンがつまっている。砂糖と水と煮てデザートに使うそう。
香港で食べるカエルのなんとかに近いなと最初思ったけど、やっぱりそれとも違うな、これは本当に初めてだな、と思ったのは正解ー。
毎日なにかひとつはまったく知らない食材に出会っている今日(こんにち)がおもしろい。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-05 21:14
04/03/10
ウォータータンクがバクハツ。スタッフ通用口のちょうど真上で。夕方に水浸しになって、そのせいで新館のほうのK.Towerのお湯供給がストップ。私がいる棟は古いほうのS.Towerなので何も知らずにホットバスをぬくぬくといただいていた20時ころ。22時頃から徐々に下の階から復旧していったらしいのだけど、2124におられたJ.guestVIP2クラスのN氏の部屋は一向に復旧しない。お湯がでないのでルームチェンジを早くからフロントに訴えるもなぜかかなえられず、エンジニアも来てはくれたけどお湯はでないままで、今すぐにでも熱い湯につかりたいN氏となにもしらずに部屋でくつろいでいた私とパニックになっているフロントとあちこちに借り出されて大混乱なエンジニア君との4重奏のホットラインでなんとかならないものかと私も強くプッシュしてみたのだけど。。結局ナイトマネージャが2124にやって来て部屋を移るように手配してくれたのが23:45。お湯がでないーどんな汚くて狭い部屋でもいいから変えてくれーというN氏を3時間以上もそのストレスに拘束してしまってもう大変非常に申し訳なかった。
私がバリバリやれる立場だったら、すぐにフロントにでていってAJとVIP2クラスのお客様の権限でルームチェンジくらいすぐにできたろうに。特に今回のケースは、N氏、明朝は5:30には出るスケジュール、早めに寝ようと思っていたことだろうし、また夜朝の2回熱いお風呂に入るのを習慣にしているとおっしゃっただけに、とにかくなにより優先順位が”湯の出るバスタブ”であることが容易に理解できた。でも、タイ人スタッフにはそれがわからないのですねー。文句のある客には部屋をグレードアップすれば満足してもらえる、ということくらいしか思いつかない、というか。何もいらないからお湯と風呂だけくれ、という気持ちは日本人同士だからわかることだなと。
電話じゃらちがあかん、とフロントに急いで降りていったら、一同しーんとしていて、あ、嵐のあとの静けさだなとすぐに察知できるくらいの非日常なもの静けさだった。そこへ私。あーメイワクね。。という視線も投げられつつ、ナイトマネージャーがいま行ってるわよ、と一言。え、ほんとう??バックオフィスを後にしてカウンターへいってみると23:30にシフト交代した新しい二人がいて、そこで教えてくれた、やっと。2124から2221に移ることになったわよ、AJ、電話したけど出ないんですもんー、などと。急いで向かっている間に事が動いたらしい。なーんだ、よかったけど、ちと遅すぎたけどね、、!と思いつつ部屋にもどる。2221に入ったN氏からコールがきて、お湯でました、いやーこんなにいい部屋にいれてもらっちゃっていいんですか、ほんとに、と案外のんきなコメント。さすが日本人だなーと思う。アラブとかインディアならものすごい剣幕でなにをしてもだめだろうね。。笑
つかれたわ。。(笑)就寝12:30.
[PR]
# by bvaj | 2010-03-04 21:15
03/03/10
labourへ。working visaの申請にk.uと。近くで歩いていくよ、というk.tのコメントはなんだったのか、タクシーで20分とか乗ってやっとたどりついた北のほうにあった。高速を走る車の感覚が、成田以来で、エスケープ君に乗っているような感覚がふわっと来て、何回も来て、なきだしそうになった。bkkについたときも、お迎えの車が高速を走ったけど、夜で真っ暗だったから?こんなふうにはひとつも感じなかったのに。ついたばかりだったというのもあるか。K.uは運転手とずっと話をしててご機嫌で後ろの私を一度も振り返らなかったからありがたかった。顔をみられなくて。
労働局はなんだかさつばつとしているところで、建物は巨大なんだけど、なんだかちこのいたインドネシアの空間を思い出させる感じだった。それはそれでたのしい体験なんだけど。たいして待ちもせず、番号札をとってから10分もいたろうか、すぐに終わった。私にはわけのわからないタイ語の書類に何箇所もサインして、一応確認を促されて、たいそうな金額も払ってもらって。パスポートみたいな、パスポートよりはうすい紺色の冊子をもらった。
そう、この私一人を雇うためにいったいどれだけのお金と労力と気遣いが支払われているのかと思うとほんとうに信じられなくて。今回のふたんしてくれたお金も、あるスタッフの1か月分とかそれ以上とか、なわけで。感謝の気持ちを常にもって働こうと思うのでした。外国人一人をやとうに4人の現地スタッフを採用しないといけないとか、いろいろきまりがあるとはms。tに聞いていたところだったけど、ほんと、それくらい大変なことをしてくれているんです、こんな私のために。ありがたいわ。

今日はykrの誕生日だなーと思いながらすごす。
[PR]
# by bvaj | 2010-03-03 00:14
22/02/10
20th
18:05 DL275 departed Narita.
23:55 DL275 arrived in BKK.
Looking for red jacket staff for .. almost 1 hour.. it was not 'red' but between pink and bordeaux color, and it turned out to be a lady! i expected a man to be for airport picking up staff in the real midnight. Woman works hard in thailand.
hotel liousine reide on highway, safely arrived at ABVH and check in. Room#602
impressive with welcome fruit and canappe, very stylish.

21st
waking up late, having lunch in SeasonT, talking with staff, the yamwoonsen was so much spicy, a french guy in swimming pants came to join in for lunch, ok as you like, he was a friend of owner..., cheking emails at lobby bar, went out for a beer and indian thari dinner, on him, went bed early.

22nd
First day as a staff.
Guidance at WG, lunch dimsum, K.C came to pick me up, meeting Mgrs and Mgrs.
Finish the first day. somehow.
[PR]
# by bvaj | 2010-02-22 14:05

by bvaj
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つぶやき
南の楽園より。どうして私はここにいるんだろうーと思いながら毎日をありがたく生きて、あっというまに過ぎ去ってしまう一日をここに残す。心に焼きつけたいシーンばかり。
--2013.2--
わたしはいま、バンコックにいるのかー。まだ夢をみているような、海のまんなかに浮いているような、不思議な感覚。毎日が飛ぶようにすぎてゆく。
--2010.3--
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
28/07/2017
at 2017-07-28 00:09
06/07/2017
at 2017-07-06 00:02
31/01/2017 end..
at 2017-01-31 23:55
14/03/2016
at 2016-03-15 18:33
28/02/2016
at 2016-02-29 16:30
21/02/2016
at 2016-02-21 18:44
03/09/2015
at 2015-09-03 03:20
02/09/2015
at 2015-09-02 17:53
28?/04/2015
at 2015-05-17 21:40
08/02/2015
at 2015-02-10 17:18
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧